住宅ローンを借りている銀行が、その人の収入など

から融資可能の判断をすれば、低金利の使い道

自由(おまとめローンもそのひとつ)のローンを

借りることができます。

 

例えば何かの理由で消費者金融やカードローンからお金を借りている場合、おまとめローンで借りた

お金で、それらの借入金を返済し、おまとめローンだけに毎月返済することがこのローンの目的

です。

 

大きなメリットは金利の違いです。消費者金融や

カードローンは大体年利18%というとてつもない

金利です。一方おまとめローンは条件にもよりますが4-5%で借り入れ可能です。

 

もう一つのメリットは複数のところから借り入れをしていると、それぞれの返済日と返済金を把握しておく必要があります。それが一本にまとまれば、一つの口座について期日と返済額を把握しておけば

よくなります。また住宅ローンと同じ銀行からの

おまとめローンであれば、住宅ローンと同じ口座

から引き落とせるメリットもあります。

 

ですから住宅ローンを借りている銀行で、そのようなおまとめローーンをやっていて、他に借入金が

ある人には、おまとめローンを借りるメリットは大きいと思います。

 

住宅ローンを借りていて、毎月きちんと返済している人は、それが一つの信用になりますし、マンションの担保価値が住宅ローンの残高より高ければ、

銀行も安心して、おまとめローンを貸すことができます。もちろん公的な所得証明書が必要になりますし、銀行ですからいろいろな書類を要求してきます。

 

しかし最初に住宅ローンとして、お金を借りるときほど大変な手続きではありません。もし銀行からおまとめローンの

許可が下りたら、銀行口座への振込み日が指定

され、その日に融資額が振り込まれます。

 

銀行からは、銀行口座へ振り込みがあったその日のうちにその借りたお金できちんと消費者金融

やカードローンの一括返済をすませたという証明書

を要求されるはずです。ですからカードローン会社に事前に連絡して、一括返済する場合の返済額と

振込先を事前に確認しておく必要があります。

利用目的が問われないキャッシングを選ぶなら消費者金融を即日